結婚指輪を探そう

結婚すると夫婦はおそろいのマリッジリングをはめることが普通です。常に左手の薬指に指輪をして生活をします。夫婦の証ともいえる重要なリングになるのです。婚約指輪を選んだあとは、結婚指輪を探していきましょう。

指輪の違いを比較!

マリッジリング

結婚の誓いを立てたカップルがつける指輪になります。基本的には外しませんので、耐久性があり、シンプルな形状のリングが好まれる傾向にあります。プラチナやシルバー、ゴールドなどの金属に、ワンポイントでジュエリーが入っているデザインが人気となっています。

エンゲージリング

プロポーズのときに渡されるケースも多いですが、婚約の証となるリングになります。基本的には女性がつける指輪です。結婚するまでの間、左手の薬指にはめることが一般的ですが、右手の薬指などにつける人もいます。女性の誕生石をあしらった豪華なジュエリーリングが人気となっています。

シンプルイズベスト!

日々の生活でさりげなく違和感なく装着できる結婚指輪を探したいというカップルがほとんどです。冠婚葬祭でも普通の生活でも、どんなシーンにもマッチするようなリングとなると、やはりシンプルなデザインが重宝されます。飽きずに長く装着でき、まるで自分の一部のような存在に感じることができるはずです。

結婚指輪に関するギモンを解決!

手

そもそもなぜ左手の薬指につけるのですか?

諸説ありますが古代エジプトから伝わっている、左手の薬指の血管と心臓が繋がっているという話に起因します。その大事な指に同じ指輪をすることで、二人の絆がより深く強いものとなるといった意味合いがあるようです。

費用の目安は?

婚約指輪は給料の三か月分ともいわれますが、結婚指輪はそれほど予算は高くないというカップルが多いようです。相場としては、二人分あわせて25万円前後の予算が一般的です。

いつまでに買えばいいですか?

結婚式では指輪交換をすることが主流となっていますので、確実にその日までには用意する必要があるでしょう。余裕を持って結婚式や入籍する一か月前までには手元に来るように注文をしておきたいものです。

一生モノのマリッジリングの選定方法を学ぼう!

男女

記念となる

マリッジリングは、結婚を象徴するようなアイテムとなります。リングの裏側には結婚記念日や、名前を彫ります。まさしく世界に一つしかないリングです。材質にもこだわって大切に愛用できるタイプを選ぶことが肝心です。それに加えて、夫婦の好きなブランドや思い出のお店で買うといったことも大切な要素となるでしょう。一生の記念となるようなリングですので、しっかりとセレクトしていきたいものです。

指輪

手作りという選択肢

最近では、結婚指輪を自分たちで手作りするというカップルも増えています。デートで一緒に教室に行って作ることもできますし、サプライズで作って贈るというケースもあるようです。手先が器用でない人でも安心して作れる、丁寧で親切な指導をしてくれるような教室が人気となっています。